ドキュメント

ソーシャルアプリガイドライン

平成23年6月10日 改訂
平成23年5月10日 制定

ソーシャルアプリガイドライン(以下「本ガイドライン」と言います)は、TOWN株式会社(以下「弊社」と言います)が提供する Aipo Platformを利用して、ソーシャルアプリを提供するソーシャルアプリプロバイダに対し、その基本的なルールと運営方針を示したものです。

本ガイドラインは、各種利用規約とあわせて、各ソーシャルアプリプロバイダに対して、その内容の理解と遵守をお願いするものです。

本ガイドラインを遵守いただけないと弊社が判断した場合は、提供いただいているアプリを削除する等の対応を行う場合があります。

1. 用語について

本ガイドラインにおいて以下の用語は下表の意味で使用します。

ソーシャルアプリ ソーシャルアプリ(以下「アプリ」と言います)とはAipo上で動作するアプリケーションのことです。
ソーシャルアプリプロバイダ ソーシャルアプリプロバイダとは、Aipo Platform利用規約に同意しデベロッパー登録を行った、アプリの提供者のことです。
ソーシャルアプリ利用者 ソーシャルアプリ利用者(以下「アプリ利用者」と言います)とは、Aipoにインストールしたソーシャルアプリを利用しているユーザーのことです。

2. 対応環境について

以下に挙げるソーシャルアプリの対応環境があります。サポートする対応環境に合わせてソーシャルアプリを開発してください。

オープンソース版 オープンソースで提供しているAipoとなります。バージョン6.0よりソーシャルアプリに対応しております。
クラウド版 クラウド版で提供している Aipo.com となります。ただし、バージョン6.0以降にアップデートされた環境に限ります。

3. アプリの設計について

ソーシャルアプリプロバイダは、提供するアプリの設計にあたり、以下のようなUI、動作等を満たす必要があります。

1. 企画内容

  • 弊社が特別に認めるものを除き、ソーシャルアプリ自体で、その提供目的や価値が達成されていることが求められます。
  • アプリ利用者にとって利便性の向上に繋がる仕組みであることが重要視されます。

2. コンテンツ

  • Aipo Platform利用規約に違反するコンテンツを含めることはできません。
  • 18歳未満の利用制限が必要となるコンテンツを含めることはできません。
  • 外部のCSSや画像、JavaScriptなどを利用する場合は、SSL(https://)に対応する必要があります。

3. 動作

  • アプリ利用者に不快感を与えない水準程度に安定的にかつ高速に動く必要があります。
  • Aipoが動作しているサーバーやクライアントブラウザに対して、過度の負荷をかけるような処理は行わないでください。
  • 他のアプリやAipoの機能を阻害しないでください。
  • 弊社の提供するAPIを経由しない方法で、Aipo上のデータを取得、変更しないでください。
  • エラー処理を実装し、アプリ利用者に原因が分かるメッセージを表示してください。

4. デザイン

  • 横幅はリキッドレイアウトに対応してください。
  • Aipoの表示レイアウト(25%,50%,75%,100%など)を切り替えても、大幅なデザインの崩れを起こさないようにしてください。
  • Aipoと同様のデザインを提供する aipostyle フィーチャーの適用を推奨します。

5. アクティビティ

  • 過度にアクティビティの更新を行わないでください。
  • アクティビティの更新内容は事実に基づくものにしてください。

6. UserPref

  • UserPref の設定値にパスワードなどの機密情報を含めないでください。

7. 外部サーバー

  • セキュリティトークンを意図的に外部サーバーに転送しないでください。
  • APIで取得したユーザー情報などの個人情報を、データの制御が不可能なサーバーに送信しないでください。
  • 外部サーバーのデータを取得・更新する場合は、可能な限り署名リクエストを行ってください。

8. 対応バージョン

  • オープンソース版をサポートする場合、対応するAipoのバージョンについて、互換性を保つ必要があります。
  • 対応バージョンよりも新しいバージョンのAPIを利用する場合は、古いバージョンのAipoを利用しているアプリ利用者に支障をきたさないよう設計する必要があります。

9. オープンソース版の制限事項

  • 署名付きリクエストを利用したアプリを提供することはできません。
  • OAuthリクエストを利用したアプリを提供することはできません。
  • 弊社のAPIで取得したデータをソーシャルアプリプロバイダで保存することはできません。

4. ユーザー情報の取り扱いについて

ユーザー情報の取り扱いについて、以下のような点を留意してアプリ開発を行ってください。

1. APIで取得できるデータについて

  • アプリを提供しているソーシャルアプリプロバイダは、Aipo利用者のユーザー情報やグループ情報等の情報を弊社のAPIを通じて取得することができます。各ソーシャルアプリプロバイダはその情報の取り扱いについてAipo利用者の情報であることを認識して厳重に行ってください。
  • 取得したデータについては、二次利用は認めません。取得したデータの利用については、アプリの開発・実行のために限定されます。
  • オープンソース版に対応しているアプリは、取得したデータをソーシャルアプリプロバイダで保存することはできません。
  • データを保存する必要がないアプリは、データを保存しないようにしてください。
  • 取得したデータの更新を弊社が求めたときは、更新を必ず行ってください。
  • 取得したデータは弊社が認めたものを除き、24時間以内に削除を行ってください。なお、以下のデータについては24時間以上保持することが可能です。
  • People API で取得することができる「ユーザーID」
  • Groups API で取得することができる「グループID」

2. ソーシャルアプリプロバイダが独自にアプリ利用者から取得できるデータについて

  • アプリ利用者から独自にデータを取得した事により発生したアプリ利用者や第三者とのトラブルについては、一切の責任はソーシャルアプリプロバイダにあり、弊社はその責任を負いません。
  • ソーシャルアプリプロバイダがアプリ利用者から直接取得したデータは、アプリ利用者がアプリを利用する上で必要な範囲内での利用に限定されます。ただし、個別にアプリ利用者の同意が得られればアプリ以外での利用も可能です。その際、アプリ利用者に対し以下の項目を明示し、アプリ利用者に個別の同意を得る必要があります。
  • 情報を取得しようとしているソーシャルアプリプロバイダ名
  • 何のデータを取得しようとしているのか
  • 取得したデータの利用目的
  • ソーシャルアプリプロバイダのプライバシーポリシー

3. 各種取得したデータの削除について

  • 不要になったデータは定期的に削除してください。
  • 弊社がアプリを削除した場合、または提供したデータの削除を要求した場合は、速やかにアプリで取得したデータの全てを削除してください。

5. 商業行為

商業行為は有料、広告宣伝、アフィリエイトおよび通信販売等のサービスを含みますが、これに限らず営利を目的としてアプリを提供することを指します。

商業行為を行う場合は、以下の規定に従ってソーシャルアプリプロバイダ自身の責任で行ってください。

商業行為によって発生したアプリ利用者や第三者とのトラブルについては、一切の責任はソーシャルアプリプロバイダにあり、弊社はその責任を負いません。

  1. 決済が必要な場合は、ソーシャルアプリプロバイダ自身が用意する外部サイトにて行ってください。
  2. 商業行為のために、ユーザーの情報を入力させる場合も同様に外部サイトで行ってください。
  3. アプリ上に広告を掲載することは可能です。なお、広告を表示する場合はそれが広告であると明示してください。
  4. 広告はAipo Platform利用規約を遵守しないものを掲載することは禁止します。なお、弊社は広告掲載に関して一切の保証は行いません。
  5. アプリ利用者が直接利益を得る方法をアプリ内で提供することは禁止します。
  6. 関連する法令(特定商取引に関する法律等)を遵守してください。

6. ユーザーサポート

ソーシャルアプリプロバイダは、アプリ利用者に対して以下のようなサポートを行うものとします。

1. アプリ利用者の問い合わせ対応等

  • アプリ利用者からの問い合わせやサポート手段としては、以下のものが挙げられます。
    • 弊社がアプリ利用者から受けた問い合わせの対応
    • ソーシャルアプリプロバイダが任意で開設するサポートコミュニティ上での対応
  • 登録していただいたソーシャルアプリプロバイダの連絡先情報は基本的に非公開ですが、アプリの利用トラブル等により弊社が必要と判断した場合は、アプリ利用者等へ連絡先情報を開示することがあります。ソーシャルアプリプロバイダはこれに同意するものとします。

2. メンテナンスやエラーについて

  • メンテナンスを行う場合は、事前にアプリ利用者へ告知するよう努めてください。
  • メンテナンスやエラーによりアプリ利用者がアプリを利用出来ないときは、必ずお詫び等、該当するメッセージを表示させてください。

7. 著作物の取り扱いについて

ソーシャルアプリプロバイダは、弊社および第三者の著作物(ロゴ、画像、文章等)を無断で利用しないでください。著作物等を利用するアプリを提供する場合は、権利管理団体および権利保有者等の権利者への許諾および処理を必ず行なってください。

8. アプリの提供終了について

ソーシャルアプリプロバイダが提供するアプリを終了させる場合は、以下のとおりとします。

  1. アプリを終了する日の45日前までに弊社に申請していただく必要があります。また、30日前までにアプリ上で、アプリ利用者に終了告知をする必要があります。
  2. 終了時は速やかにアプリで取得したデータの全てを削除してください。
  3. アプリ利用者に課金をしている場合、そちらの対応を完了してから終了する必要があります。

9. 本ガイドライン等への違反に対する措置

弊社は、各ソーシャルアプリプロバイダが提供するアプリについて、Aipo Platform利用規約または本ガイドラインに定める規定に違反していると判断する場合は、次の措置をとります。

  1. 弊社よりソーシャルアプリプロバイダ対し、違反を把握した旨、メールで警告を行います。
  2. 弊社が削除対応を求めた場合、ソーシャルアプリプロバイダは、12時間以内に当該箇所の削除対応を行った上で状況の報告を行ってください。削除対応および状況の報告が行われない場合は、弊社は当該アプリを停止します。
  3. 弊社がアプリ自体の改善を求めた場合、ソーシャルアプリプロバイダは3日以内に改善方針についての回答を行い、その方針に基づいて10日以内に改善を行ってください。改善対応が行われない場合は、弊社は当該アプリを停止します。
  4. 停止後、30日経過しても改善が見込めないと弊社が判断する場合、弊社は、ソーシャルアプリプロバイダが提供するアプリを削除の上、アプリの今後の提供権限を抹消する場合があります。
  5. 緊急止むを得ないと弊社が判断した場合には、弊社はアプリの停止、削除、提供権限の抹消等の措置を即時に行う場合があります。
  6. 弊社はアプリの停止、削除、提供権限の抹消等の措置およびその手続きによって生じた損害については一切の責任を負いません。

10. 本ガイドラインの変更

弊社は、弊社の判断により、本ガイドラインをいつでも任意の理由で追加、変更、削除することができるものとします。その場合、ソーシャルアプリプロバイダはその変更等の後の本ガイドラインの内容に従うものとします。

本ガイドラインの変更等によって生じた損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。