ドキュメント

スタートガイド前提事項

当スタートガイドでスムーズに開発環境を構築していただくための前提事項です。

Windows/Macの操作を基準

ipoの開発環境は、Windows、Mac、Linuxで構築していただくことができますが、より多くの方にスムーズに構築いただけるよう、Windows/Macでの操作を基準に記述しております。

Mac、Linuxをご利用の方も、各OSに該当する操作に転換してご利用いただければと思います。

Aipoプロジェクトルートについて

当スタートガイドでは、Aipoの開発に使うすべてのソフト・ファイルを下記の「Aipoプロジェクトルート」へ配置し、それを元に設定することを推奨します。

C:\home\aipo\

Macの場合は下記の「Aipoプロジェクトルート」へ配置し、それを元に設定することを推奨します。

~/Documents/aipo/

Linuxをご利用の方も初めてAipoの開発環境を導入される際は、Aipoプロジェクト用ディレクトリを作り、そこへ集約されることを推奨します。

「環境変数」の変更について

各ステップで「環境変数」の設定・変更が必要な場合があります。
Windowsでの環境変数の設定方法は下記になります。

  1. スタートメニューの「マイコンピュータ」(もしくは「コンピュータ」)を右クリック、「プロパティ」をクリック
  2. WindowsXP:「詳細設定」タブ内、「環境変数」ボタンより
    Windows7以降:左にある「システムの詳細設定」をクリックし、「環境変数」ボタンより

環境変数には「ユーザー環境変数」と「システム環境変数」があります。
システム~は現在OSにログインしているアカウントの権限上操作できない場合がありますが、ユーザー~はログインしているアカウントでのみ有効となります。
複数のアカウントで開発環境を利用する以外はユーザー~を編集してください。

環境変数を変更する際の注意

環境変数はOSの重要な設定箇所になりますので、既に値が入っている場合は上書きではなく、「;」で区切って末尾に追加編集する必要があります。
また、新規で追加する際にも取り扱いには十分ご注意ください。